メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

化粧品の無添加や自然派表記、何と無く良さそうで選んでいませんか?表記の本当の意味と美肌になる仕組みを知ろう。

古村優里
北海道出身、神奈川在住の薬剤師。大学卒業後は年中無休24時間オープンのハードな病院で最先端の医療を学ぶ。医療の技術は進化しても患者さんが減らないことに疑問を抱く。そこで病気になってからの治療も大切だが、まずは病院に来なくても良い状態を作ることが大切との答えに行き着き予防医療の分野で週末起業。現在はコスメコンシェルジュや、ファイナンシャルプランナーの資格も取得。トータルで幸せな人生を作るサポートをしている。

化粧品の無添加や自然派表記、何と無く良さそうで選んでいませんか?表記の本当の意味と皮膚常在菌の力を知ろう。

soap-2726378_1280
綺麗な肌になりたい
肌に良いものを使いたい


そう思っている方は多いのではないでしょうか。
そんなときは是非肌フローラに注目してみるのをおススメしています。

美肌のカギを握る、肌フローラとは?


daisies-384584_1280
腸の中に腸内細菌がたくさん存在し、腸内フローラを形成しているのは有名な話でしょう。
実は肌にも同じように菌がたくさん生息しています。
この肌の上の菌を皮膚常在菌と呼び、それ肌の上に集まっているのを肌フローラと呼びます。

皮膚常在菌は腸内細菌よりは少ないですが、
それでも30種類以上、1兆個以上の菌がいると言われています。


様々な影響を与えてくれる皮膚常在菌


baby-933097_1280
腸内同様に皮膚常在菌にも様々な種類があります。

悪玉菌

お肌にとって悪影響を与える菌、黄色ブドウ球菌など

善玉菌

お肌にとって良い影響を与える菌、表皮ブドウ球菌など

日和見菌

環境や条件で良い影響も悪影響も与える可能性がある菌、アクネ菌など


大きく分けるとこのように分けられます。
これがそれぞれの働きを持っていて、バランス良く存在することで綺麗な肌を作ってくれるのです。


悪役にされがちのアクネ菌は美肌の味方


cream-3496778_960_720
善玉菌は美肌菌ともよばれ、その名前の通り肌にとって嬉しい働きをしてくれます。
潤いを与えるグリセリンという物質を作ってくれるので美肌に欠かせない保湿に一役かってくれます。

更にお肌を弱酸性の状態を保ってくれたり、抗菌ペプチドを作ってくれます。
その為外部の菌などから守ってくれたり、悪玉菌が増殖するのを抑えてくれたりする働きがあります。
まさに天然のバリアを作ってくれる嬉しい菌なのです。


skincare-2357980_1280

一方ニキビの元凶と思われて倦厭されがちなアクネ菌は沢山の人がご存知かと思います。
実はアクネ菌も美肌に一役買ってくれている菌の一種なのです。

アクネ菌は皮脂を分解して、プロピオン酸という物質を作ってくれます。
その為肌を弱酸性に保ち悪玉菌が増殖するのを抑えてくれます。


しかし良い働きもするのですが菌のバランスが崩れてアクネ菌が増えすぎて、炎症を起こすとニキビとなるのです。
このように条件によって良くも悪くもなる菌を日和見菌と呼びます。

つまり肌の上の菌はすべて大切なもので、大事なのはそのバランスが適正に保つことなのです。

菌は紫外線からも私達を守ってくれているって知ってますか?

summer-3490611_1280
肌フローラの状態が良ければ、紫外線からも肌を守ってくれます。

例えば同じものでも水分をたっぷり含んだものと、からからに乾燥したものではどちらが焦げやすいと思いますか?
肌もそれと一緒なのです。

菌が潤いと、バリアを肌に持たせてくれるから紫外線のダメージを軽減できるのです。
細菌の力はすごいですよね。

肌老化の80%は紫外線です。
紫外線に対抗できる肌作りができたら強いですね。

現代の環境に合わせたスキンケアとは

makeup-brush-1761648_1280
これまであげてきたように、本来であれば肌の常在細菌の働きにより肌は何もしなくてもきれいなものなのです。

しかし、現代は昔と環境が違います。
メイクもしますし、排気ガスなど油っぽい汚れも増えているので洗わないわけにはいかないでしょう。
しかし自分のスキンケアで肌に良い菌たちも減らすということもしたくない。

そこでおすすめなのがオーガニックの製品を使って正しいスキンケアをすることです。

皮膚常在菌の喜ぶスキンケアをしてあげよう

acne-1606765_960_720
肌フローラがみだれると乾燥肌、ニキビ、体臭、肌荒れなど様々な影響が出ます。

間違ったスキンケアと選んでケアすると、自分で肌フローラを乱すことになるので肌荒れを起こしてしまいます。

【肌フローラを乱す要因】
・過剰な洗顔
・肌常在菌を減らすスキンケア製品の利用
・乾燥


他にも沢山ありますが代表的なのだとこのようなものがあります。

過剰な洗顔

heat-1494868_960_720
不要な汚れを落とす洗顔はもちろん必要なのですが、過度に洗いすぎるのはNGです。
その理由の一つが美肌を作ってくれる菌が肌の表面の方にいることが多いからです。
そのため洗いすぎると必要な菌も流してしまうことになるのです。

肌常在菌を減らすスキンケア製品の使用


5A91673A-2438-4867-AD19-52D44E9B97A6
肌常在菌はスキンケア用品に入っている合成の防腐剤、保存剤などでも減ってしまいます。
その為天然のもので作られているオーガニックのスキンケアを使うのをおすすめします。

しかしその際にオーガニックと勘違いしやすいので、注意してもらいたいものがあります。
それが無添加化粧品と自然派化粧品です。

無添加化粧品


CDC3F828-837D-4207-8738-3FCC8FAF7F40
明確な定めはありませんが、基本的には表示指定成分(旧表示指定成分)をいれていないものを無添加化粧品ということが多いです。
表示指定成分は使う人によってはごく稀にアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として薬事法によって定められた成分のこと。
現在では香料をいれると103種類あります。
今は全成分表示にかわったのでこれは旧表示指定成分です。

つまりこの103種類に指定されてないものであれば何が入ってても無添加化粧品となるわけです。


自然派化粧品

C7BB2175-D135-4C42-A163-A0845A733394
ナチュラルコスメと呼ばれることも多いです。
これも無添加化粧品と同様に特に明確な指定があるわけではありません。
植物由来の原料や、植物を元にした成分を使っているものを指していることが多いです。
原材料が植物由来ということですが、その作る過程での処理や加工はどのようにされているのかはわかりません。

自然派化粧品も無添加化粧品も否定するわけではありません。
そのような表記でも良いものをつくっているメーカーさんも沢山あります。
しかし自然派、無添加と表記されていればイコールオーガニックと思って手に取る人もまだ多いのが現状です。
その為肌の為に選んだそのスキンケアが、本当に肌の為になるかまで考えた上で選んでもらえたら嬉しいかなと思います。

乾燥


63CD6117-B7CC-4578-9D80-91EC0685D1AD
乾燥も善玉菌を減らす要因です。
水分、油分が少ないと肌のバリア機能が弱まり、刺激に負けやすく、紫外線の影響もダイレクトに受けてしまいます。
その為結果菌が減ってしまうのです。

油分と水分をしっかり補充し、善玉菌を育成しましょう。
その際合成ポリマーや合成界面活性剤の入ったものを使わないことがポイントです。
これらは強制的に水分を入れて保持するということはできるので使ってる間一時的には綺麗になったように見えます。
しかしこれは菌を育成できないため、肌自体が育たないので使わなくなった時に元に戻ってしまうのです。


自分の力で美肌になれる肌育をしよう


5867C668-B078-4700-B59A-B92473356F7C
肌を綺麗にしたいと思った時に何を使うかはとても大切です。
化粧品の進化はめざましく、性能の良いものがたくさんでています。
しかし一番の美肌への道は、肌自体が綺麗になれる力をつけることなのです。

自然に、元々の肌が持つ力をサポートしてくれるオーガニックコスメ。
是非これを選んで正しいスキンケアを心がけてください。

自分の肌や肌の菌を可愛がってあげれば、結果は必ず返ってきますよ。

将来的には肌の菌でアトピーが治せる日がくるかも!?

laboratory-2815641_1280
アメリカのアレルギー・感染症法研究所のIan Myles研究チームが出したこんな研究結果があるのはご存知ですか?

「健康な人の皮膚の常在菌をアトピー性皮膚炎患者の皮膚に移植すると、ステロイド外用薬の使用を減らし、アトピー性皮膚炎が軽快する」というデータがあるのです。

Roseomonasmucosa(R.micosa)という菌を健康な人の皮膚から採取し、アトピー性皮膚炎の患者に移植する。
そうするとアトピー性皮膚炎の解消が見られる。
しかし、アトピー性皮膚炎の人の皮膚から採取し、アトピー性皮膚炎の人に移植すると変わらないまたは悪化するとの結果だった。


このように健康な人の皮膚から採取できるRoseomonasmucosaの働きにより、アトピーの改善ができるかもしれないとのことで様々な研究が現在なされています。
皮膚の常在菌を利用し、アトピーに悩む方の救世主になる可能性がある。
とても夢のある話だと思います。

そして同時にこの菌は防腐剤、保存料、アルコールなどによって減少するという結果がでているのです。

つまり自分の肌に使うものをきちんと選ばないと、自分で肌を守ってくれる大切な菌たちを自分達で殺してしまうことに繋がる可能性があるのです。


魔法の湯と言われる神の湯脈の源泉100%でできた「温泉化粧水」

0521120127_5b0236877d695 神の湯脈の源泉100%でできた「温泉化粧水」今すぐここをクリック!

温泉化粧水は、出品者である池下さんが経営するヒーリングスパで使われる特別な源泉を、そのままボトリングしました。
このスパは元々、広島の被爆者の方々を完治させてきた特別な温泉を持つ被爆者センターがあった場所に建てられた施設です。

2015年、出品者の池下さんの手によって新しくスパとして生まれ変わり、現在は大人の女性達を癒しています。
そんな歴史を持つ場所から届けられる温泉水を多くの人の元へ届けて欲しいとの声がたくさんあり、製品化されたのがこの温泉化粧水です!


【この記事を読んだ方におすすめ】

紫外線に当たるだけではシミはできません。シミの本当の原因を解消し、美肌を保つ鍵は「食べる油を見直すこと」にあり

その肌荒れ・吹き出物の原因は肌ではなく腸かもしれません。薬剤師が教える、今すぐできる体質別・美肌に効く薬膳的オススメの食べ物

【1分で作れる!】乳酸菌、美肌成分たっぷり!ピザ、グラタン、何にでも使える酒粕ヴィーガンチーズの作り方。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

古村優里
北海道出身、神奈川在住の薬剤師。大学卒業後は年中無休24時間オープンのハードな病院で最先端の医療を学ぶ。医療の技術は進化しても患者さんが減らないことに疑問を抱く。そこで病気になってからの治療も大切だが、まずは病院に来なくても良い状態を作ることが大切との答えに行き着き予防医療の分野で週末起業。現在はコスメコンシェルジュや、ファイナンシャルプランナーの資格も取得。トータルで幸せな人生を作るサポートをしている。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

ページ上部へ