メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

死のきっかけにもなる高齢者の肺炎は完治しないのか?東洋医学からみた肺炎の、種類別傾向と対策。

福原真一郎
鍼灸師。あん摩マッサージ指圧師。 鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。

母親が何度も肺炎で入院している。

退院後またすぐ再発する。

高齢者の肺炎は、完治が難しいのでしょうか?

肺炎は先進国においても死亡率の高い疾患の一つです。

こちらでは肺炎の原因と東洋医学から見た対処法について書いています。

 

肺炎とは

肺炎の原因は空気の通り道である気道にさまざまなウイルス細菌が炎症を起こしている状態を指します。

それらは常に身体から排出されるように働きますが、
身体が排出しきれず免疫も負けたときが肺炎を起こすタイミングです。

そのため、なんらかの影響で気道粘膜が傷つくと免疫機能が低下するので、
風邪も肺炎の原因になります。

肺炎にはさまざまな種類の細菌が関わっていますが肺炎の約40%は肺炎球菌です。

通常なら脾臓で肺炎球菌は死滅します。

特に脾臓を摘出したりして機能が低下している人は注意が必要です。



その他にも、
  • マイコプラズマ肺炎
  • レジオネラ肺炎
  • 誤嚥性肺炎
  • 肺結核

などがあり、ウィルスの中でもマイコプラズマ肺炎は激しい咳があるものの、
比較的発熱が少ない肺炎です。

一見治ったように見えても、再び症状が悪化する可能性があり、
症状が治まっても2週間以上は内服を続ける必要があります。


レジオネラ肺炎はレジオネラ菌が原因で温泉、土壌などから感染することのある肺炎です。

以前には24時間風呂との関連がマスコミでも話題になりました。

進行が早くて重症化しやすく、時に死に至ることもあります。



高齢者に最も多いのは誤嚥性肺炎で食べ物や唾液が誤って気管に入ることで起こります。

高齢者では、食べ物を噛んで飲 み込む力が落ちるため、肺炎の大きな原因となります。

睡眠中などに唾液を誤嚥して肺炎に至る可能性もあります。

予防には、
  • 睡眠時に上体を30度くらい起こす
  • 誤嚥しにくい食事内容にする
  • 飲み込む練習をする

などが基本となります。

高齢者肺炎の中には,末期肺炎,老衰としての肺炎,嚥下機能廃絶例も含まれ死亡率が増加している。

高齢者肺炎の診断と治療~ 石田 直

これらの肺炎のほかに治りの悪い肺炎は肺結核の可能性もあります。

肺結核はもうならないと思っている人もいますが、
免疫力が低下している可能性のある人は要注意で、
自己免疫疾患の薬を使っている人は特に注意が必要です。


他にも免疫力が低下している可能性のある人は、

  • 糖尿病
  • ステロイドホルモンの投与
  • 腎臓病
  • 免疫抑制剤の投与

などがあるので普通の人よりも感染症にはかかりやすくなっています。

 

肺炎の予防法




日頃の健康管理と予防が大切です。

風邪が万病の元となるので、身体の抵抗力を保つことが基本です。

そのため、偏食、夜更かし、深酒
などは避けたほうが無難です。


身体に無理をさせれば熱が出たり、喉が痛かったりするのは当然です。

日常的にうがいや手洗い、マスクは基本です。

ただし、うがいは喉を潤し、物理的に異物を排出することはできますが、
効果としては極端に大きいわけではありません。

またイソジンなどの消毒剤は、必要な常在菌も殺菌してしまうので多用は禁物です。

それよりは水分をこまめに飲むことが重要です。

胃に落ちた菌は胃酸で殺菌されますし、喉が潤っていれば菌は繁殖しにくいのです。

何よりも予防に重要なのは、
休養(睡眠)、しっかりとした栄養・規則正しい生活です。

 
デザインが可愛く、繰り返し使えて肌にも優しい「オーガニックコットンマスク」

¥ 1,746 ~ ¥ 3,862(税込)

> 商品の詳細はこちら

東洋医学から見た肺炎



咳を出にくくするためには身体の内側から津液(水分)のバランスを整えて、気道を潤すことが基本です。

気道を乾燥させる原因として
  • タバコ(副流煙にも注意)
  • 粉じんなどのほこり
  • 排気ガス


などがありますが、
気管支喘息や花粉症などが原因で咳が出ることもあります。

タバコが原因の咳の場合は、慢性気管支炎にかかっていることが少なくありません。

基本的に肺が弱い人は排気ガスを吸っても肺炎を起こします。

また、冷たい空気や乾燥した空気を吸うだけでも肺にはダメージとなるので注意が必要です。

マスクは菌やウィルスを万能に防ぐものではありませんが、冷たく乾燥した空気から喉を守るのでおすすめです。

 

東洋医学から見た肺炎の根本治療



咳は肺のバランスの崩れから起こり、
  • 気道や肺の状態
  • 水分を全身に巡らせる
  • 汗を調節する

などから外からの邪気を防ぐ働きなども肺が関係しています。

咳の症状を分類すると
  • 風寒
  • 風熱
  • 風燥
  • 痰湿

などに分けられます。


風寒とは外から影響を受けた状態で、
  • 悪寒を感じる
  • 急に咳が出る
  • 痰は薄く色は白い
  • 薄い鼻水が出る
  • 咳は夜よりも昼の方が多い

などがあり、一般的には風邪と呼ばれる症状で身体が外の寒さに負けた状態です。

身体を温めて休養をとることが基本です。

ホットレモネードなどを飲んでビタミンと糖分をとることも大切です。



風熱とは風邪により喉が痛くなり熱がある状態で、

  • 頻繁に激しく咳をする
  • 声がかれる
  • 痰が黄色くて粘る
  • 黄色い鼻水が出る

などが特徴です。

ウィルスが原因の場合が多く、身体が水分不足の時ほど悪化しやすいのが特徴です。

またウィルスでなくても身体の疲労が激しく水分を消耗している時にも起こります。

暖房を効かせ過ぎて乾燥している部屋に長時間いる時は特に要注意で、
こまめな水分補給や果物を食べる事が大切です。

 



風燥とは乾燥の影響によるもので、
  • 乾いた咳(空咳)
  • 喉の痛み
  • 唇や鼻からの出血
  • 痰は出ないか少なくて粘る
  • 口の渇き

などがあり、風熱と合わさって起こります。

口を開けっ放しにしていたり、水分不足の時に起こります。

また乾燥しやすい秋から冬にかけて起こりやすい症状で熱はないけど、咳や鼻血が止まらないような状態です。

温かい野菜スープや旬の果物を摂る事が大切です。

もともと肺や気管支が弱くて喉を傷めやすい人は要注意です。


痰湿とは代謝しきれなかった余分な水分が肺の機能を邪魔している状態です。
  • 重く濁った咳をする
  • 痰が多い
  • 朝方急に咳き込む
  • だるい
  • 過食で悪化しやすい

などがあります。

水分代謝が悪い人に共通するのは胃腸が弱いということや、
  • 味の濃いもの
  • 脂っこいもの
  • 甘いもの

などを摂りすぎているという事です。

余分な水分を取り除いたり、水分代謝を助けるためには胃腸を温める事と仕事を減らすことが大切です。

そのため朝一番の白湯を飲んで、夜遅くの食事を控える事が有効です。

 

全ての症状に言える事は消化器系が弱っているという事です。

消化器系は水分代謝と関係しているため、弱ると余分な水分が溜まりやすくなります。

それが痰となって肺の気の流れを邪魔すると咳の原因となります。

胃腸の弱い方には痰が出やすいなどの症状もよく見られます。

痰が出だしたら胃腸の弱りと思って消化の悪い食事は避けて身体を温めるように気をつけて下さい。


2月中旬までの限定 和歌山県産・完全無農薬・自然栽培の酸味に溢れた紅はっさく

¥ 6,480(税込)

> 商品の詳細はこちら

まとめ

肺炎の多くは菌やウィルスが原因で起こりますが、
加齢と共に繰り返す間質性肺炎は消化器系の弱りがきっかけとなります。

そのため咳を抑えたり痰を減らすよりも、胃腸の回復に意識を向けましょう。

胃腸の弱りは
  • 消化の悪い食事
  • 寝る前の食事
  • 冷たい飲み物
  • 生の野菜や魚

などから起こります。

咳が止まらなくなったり、透明な痰がよく出るようになったら身体をしっかりと温めて下さい。


然治癒力を高めるオーガニックアイテムを探そう

安全な野菜を手軽に摂取できる!『無農薬・無化学肥料・無畜産系肥料』野菜パウダー 1〜4個セット

¥ 3,780 ~ ¥ 12,420 (税込)

> 商品の詳細はこちら
抗酸化物質のSODを豊富に含む。無農薬栽培・南アフリカ産 27年以上販売。老舗無農薬プレミアムルイボスティー

¥ 995 ~ ¥ 9,222 (税込)

> 商品の詳細はこちら
オーガニック抗酸化対策パウダー。スプーン1杯で1日に必要な【野菜果物に含むORACの量】に相当。 1〜3個セット(割引あり!)

¥5,900 ~ ¥ 15,044 (税込)

> 商品の詳細はこちら


この記事を読んだあなたにおすすめの記事

アトピー性皮膚炎の完全克服理論を惜しみなく公開します。みんなに覚えて欲しい12項目 ~25年の研究サポート10000人以上の克服者輩出実績から~

生後間もなくのアトピー発症原因は遺伝なの?妊娠中の食べ物?いや違います!少子化が原因なんです。産婦人科医の皆さん、ちょっと聞いて。あ、皮膚科医・小児科医の先生も聞いてください。

アトピー性皮膚炎の発症原因が判れば、改善は遠くない。異物の侵入路を正常に復元させれば解決できるのでは・・・・・その第1弾 『腸内細菌の働き』『どんな乳酸菌がいいの?』このシリーズを会得すれば、日本一のアトピーサポーターになれる。

あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?

年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

福原真一郎
鍼灸師。あん摩マッサージ指圧師。 鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ