メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

世界初・カリフォルニアで「使い捨てコップに25セント法案」可決!? |海外の人達から聞いて分かったことと、日本の私たちができること

柳原 里実
日本の四季の行事や暮らしの手作りを体験する「いつもがわくわく*こどもてらこや」を主宰。 日本の文化体験・国際交流体験の他、自然農法で野菜を育て、重ね煮・マクロビなどを取り入れた料理体験などを行っている。 その他、「いま・ここ」にゆるりと心を込め、「日常」をしあわせにたのしむことをテーマとするイベント・ワークショップの主催・共催、寄稿、ラジオ出演、バンドのヴォーカルなど。 循環型暮らしを提案するイベント2015年親善大使。 共著本『What’s LOHAS? ロハスブックvol.3』(株式会社交通タイムズ社)では、四季・暮らし・食事・テーブルコーディネート・育児・工作・植物・こころなどに関する制作・撮影・エッセイ・イラストなどを担当。

1 世界発の法案が満場一致で可決



 こんにちは。「いつもがわくわく☆こどもてらこや・おとなてらこや」主宰の柳原里実です。

AP通信社の記事によると、
アメリカ・カリフォルニア州バークレー市で、世界発の条例が満場一致で可決されました。

それは「飲み物を買うとき、再利用できるコップを持ってこない顧客は、
使い捨てコップ1個あたり25セント支払わねばならない」というものです。

この条例の名称は「Disposable-Free Dining(処分ゼロ食)」。
他にも、飲食店には
 

「持ち帰り用にはコンポスト(堆肥)化できる容器を使うこと」
 「中で飲食する顧客には再利用できる食器やカトラリーのみを提供すること」
 「使い捨てのふたやマドラーを提供するのは要求されたときに限る」

などと決められています。

施行は、2020年1月からとのことです。

【大人気!再入荷!】オーガニック認証オーガニックコットン100%の安心布ナプキンスターターセット【安全な洗剤付き】

¥ 1,706 ~ ¥ 5,702 (税込)

> 商品の詳細はこちら

2 バークレーのこれまでの取り組み



 バークレーは、アメリカ東海岸、カリフォルニア州アラメダ郡にある人口は約10万人の都市。
アメリカで、政治的・社会的に最も進歩的な都市として知られています。

1960年代には、ベトナム反戦運動、平和、瞑想、哲学、東洋宗教、魂(スピリチュアティ)、
自然との共生生活、差別の廃止、多様な価値観の尊重などを訴える「ヒッピー文化」の発祥の地であり、
その後その文化は世界中の先進国に広まりました。

1970年代にはすでに「リサイクル」の先駆けとなっており、
1980年代には発泡スチロールの一種・スタイロフォームの禁止、
2014年には、肥満や糖尿病を防ぐために炭酸飲料に課税する「ソーダ税」、
カリフォルニア州で2014年にレジ袋禁止法が可決される前に市内で先に支持、
2018年にストローの提供を禁じる法案など、
あらゆる「世界初」の取り組みがなされています。

この法案で使い捨てコップに課せられる25セントの使い道は、
それぞれの店舗に任されています。

たとえば「銀食器」など、環境にやさしい食器への買い替え資金に使ってはどうか,
と市の議員さんは話しています。

つまり、この条例の目的は、市の財源のためではなく、
レジ袋から買い物バッグに移り変わったように、自分のコップを持ってくることが自然になること

すでに実施している店舗もあり、いまのところ問題が起こっていないとのことです。

3 この法案に対する現地の懸念



現地ではそのことについてどう思われているのでしょうか。

カリフォルニア大学付近の、多くの学生たちが集う通りのカフェやレストランのオーナーたちによると
「環境問題のために何かできる」として「条例には賛成」。

ただ、「料金が上がることで、外食をする学生が減り、商売が成り立たなくなるのでは」という心配もあるとも。
そこで、市が、市民に対して、「法案の意味合いを伝えてほしい」と答えています。

半身の冷えに悩んでいる方へ!一生モノ。毎日使いたい可愛い無添加シルクコットンのピンクの腹巻き

¥ 6,050 (税込)

> 商品の詳細はこちら

4 その他の地域の人の声



 他の国の方はどのように感じているのか、現地の方にお話を伺ってみました。

(1)セルビア共和国・20代



使い捨てコップに課金するのは賛成。
顧客が自分のコップを持ってくるきっかけになるから。

ちなみに、去年、セルビアでは全国でのスーパーマーケットのレジ袋の有料化が始まりました。
1枚2ディナール(約74円)(2019年2月現時点の為替)と割と高額な設定です。

(2)クロアチア・20代 


使い捨てコップ自体にそもそも必要性を感じていない。
なんのためにコーヒーを飲むかというと、「ゆっくりと飲む時間を楽しんだり、
一緒にいる人たちとの会話を楽しむためだから」。

そのためには、家で飲むか、お店で座って飲むかなので、
コーヒーだけを持ち帰るということがあまり理解できない。

(3)ガーナ・20代


国内の上下水道の普及率が低く、断水も多いため、水汲みが女性と子どもの仕事。
プラスチックのバケツ一杯の水を頭に乗せ、歩いて運ぶ。

雨水をためるのもプラスチックのバケツ、
水を買うのは大きなポリタンク、
飲料水はペットボトル入りのもの。

また、停電も多いため、衛生面の管理が課題であり、一度きりの容器を使わざるを得ない状況。

以上、現地の方のお話を伺いました。意見は個人それぞれのものなので、
国別に分けることはできないですが、地域の特徴を少し垣間見れたように思いました。


まず、セルビアやクロアチアは「スターバックスが進出しない国」として知られていますが、
次の背景が関係します。

それは、昔から家で「トルココーヒー」を飲むのが一般的で、
外出先でコーヒーを飲む「カフェ」は「人々の社交や情報収集の場」という伝統。
だから「アメリカ式のテイクアウト中心のカフェは流行らない」と言われてきました。

次に、ガーナのゴミ問題は、上記の女性も話していたように、かなり深刻で、
その原因に日本を含む先進国が大きく関わっています。

10数年前から、先進国からの家電やパソコンなどの廃棄物がガーナに輸入され、
それらはいまや東京ドーム30個以上分の山。

こどもたちが、その廃棄物を燃やし、わずかな金属を取り出すことで、収入源としています。
そして、燃やす際の煙や、洗浄や冷却の際の河川、海への流出により、
ダイオキシンあ水銀、ヒ素、鉛という、
人体にとって危険な物質が高濃度で検出されているのが現状です。

わたしたち先進国の「便利さ」や「利権」が、一部の国へしわ寄せとなり、
現地の安全な水や空気に影響を与えてしまっているのです。

3/15迄のスペシャルキャンペーン!「奇跡のシルク100%毛布」をご購入の方全員に「肌に纏う宝石、シルクパウダー」をプレゼント! 厳選された上質なシルク100%。縦糸、横糸までオールシルクの「奇跡のシルク100%毛布」!

¥ 3,780 ~ ¥ 12,420 (税込)

> 商品の詳細はこちら

5 「crazy(いかれてる)」から「norm(ふつう)」になるまで



使い捨て紙コップの法案をきっかけに、より大きく深く、
世界全体が関係しあっていることが分かりました。
バークレー市の議員の方々によれば、バークレーが進歩的な取り組みをするときには、
周りから「crazy(いかれてる)」と思われてきたのだそう。

けれど、後になり、多くの都市や州や国が続くにつれ、いつしかそれが「norm(ふつう)」になってきたそうです。
どう言われても、いいと思うならば、取り入れる。
それを続ける。

この姿勢は今、もっとも日本に必要な姿勢ではないでしょうか?

私たちがいまからできる環境保護



crazyでなくても、私達ができることはたくさんあります。

この便利な社会において、

▷「袋はいりません」という一言
▷店内で飲むのにわざわざ持ち帰りカップに入れて貰わない
▷マイカップを持ち歩く
▷ラップを繰り返し使えるタイプのものに
▷ファストファッションはなるべく控える
▷布ナプキンを取り入れる
▷折り畳み傘をなるべく持ち歩く   ・・・などなど。


今まで「かっこいい」イメージのあったタバコが
すっかり「不潔・遅れている」イメージになり下がったように、
使い捨て文化も、「ダサい・レベルの低い」イメージになって行くのではないでしょうか?

そんな世界的な流れの中で、
いつも海外の流れが出来上がってから、やっと腰をあげる日本は、
いち早く変わることができるでしょうか?

日本が環境後進国という汚名を着せられないためにも、
ぜひ私たち民間レベルから行動していきましょう。



参考:Associated press news HP / City of Berkeley official HP/外務省HP

今からできるオーガニックという選択

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップ The 3 pack (S,M,Lの3枚セット

¥ 4,400 (税込)

> 商品の詳細はこちら
デザインが可愛く、繰り返し使えて肌にも優しい「オーガニックコットンマスク」

¥ 1,746 ~ ¥ 3,862(税込)

> 商品の詳細はこちら

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

知っていますか?環境に配慮したアウトドア用品を手掛ける世界のパタゴニアからオーガニック食品が誕生! お湯を注ぐだけで10分で手軽に食べられるオーガニックインスタント食品の中身とは?

ストレスを抱える現代女性の救世主「マカ」のパワー。その魅力に迫る!「完全食」と呼ばれるその理由とは?

IN YOU読者限定! 日本一基準の厳しいメディア発オーガニックショップ IN YOU Market人気商品がもれなく貰えるキャンペーン!3月15日まで
節分に、今話題の「蒸し大豆」を食べよう!日本唯一の有機蒸し大豆が、超お手頃価格でゲットできるキャンペーンが開始します!

IN YOU ライター募集中!

あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?

年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


 IN YOU Writer 応募はこちらから 

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

柳原 里実
日本の四季の行事や暮らしの手作りを体験する「いつもがわくわく*こどもてらこや」を主宰。 日本の文化体験・国際交流体験の他、自然農法で野菜を育て、重ね煮・マクロビなどを取り入れた料理体験などを行っている。 その他、「いま・ここ」にゆるりと心を込め、「日常」をしあわせにたのしむことをテーマとするイベント・ワークショップの主催・共催、寄稿、ラジオ出演、バンドのヴォーカルなど。 循環型暮らしを提案するイベント2015年親善大使。 共著本『What’s LOHAS? ロハスブックvol.3』(株式会社交通タイムズ社)では、四季・暮らし・食事・テーブルコーディネート・育児・工作・植物・こころなどに関する制作・撮影・エッセイ・イラストなどを担当。
あなたにお勧めの記事
関連記事

youtube

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ