メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

TVでも取り上げられ世間を賑わす恐ろしい「ゴースト血管」とその原因は一体何か。 私たちの全身に及ぶ毛細血管が大変な働きをしている事実。軽視されがちな血管の大切さについて。

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab

最近、メディアで注目されるヘルスケア系の話題と言えばもっぱら「腸内細菌・腸内環境」に関するものが、まだかなり強い印象があります。
一方で血管に着目するような話題も盛り上がりを見せているように感じます。

中でも、よく耳にする言葉の一つに「ゴースト血管」なるものがあります。


これは、メディアが作った造語であるため正式な病名などとは全く関係がないものですが、
端的に言えば「毛細血管の細胞が脱落するなどし、消失してしまう」ことをどうやら指しているようです。

ゴースト血管という単語が新たに出てきたため、巷では「血管を良くすれば病気が治る」というような話題が出る事が増えているようですが、
基本的に西洋医学ではこれまで「血管そのものの治癒」に関しては、基本的に実績がなく、そういった意味では病院を頼ることは難しいと言えるでしょう。

IN YOUをご覧の皆様なら、それなら「食事療法がいいのでは?」と考える方が多いと思いますが、これには私自身も同感です。

そもそも、基本的には「取り入れているものによって血管が悪化している」ケースが大半でしょうから、
逆に言えば体に取り入れるものによって再生させることも可能だと考えるのが筋のようにも思えますが、果たして実際にはどうなのでしょうか。

そこで、今回はそういった細かい修復方法なども含め、血管に関する様々なお話をお伝えしていきたいと思います。

血管は物資を流通させる為の通行路という考え方。

desert-2340326_640
血管がどんな機能を持っているのか?と聞かれた時に、私はいつも「物資の運搬に使われる道路のようなものです」と伝えています。
もちろん、血管は様々な機能を持っているので、この一言に全てを集約できるかと言うと、そんなことはないでしょう。

しかし、基本的には「血管があるから、全身の細胞に必要な物が運搬されている。
また、不必要となったものが捨てられていく」と考えてみると、血管の持っている役割がすぐに分かりますよね。

例えば、血栓や動脈硬化だと言われてもピンと来ない方は意外に多いものです。
しかし、血管という全身をくまなく通っている道路の一部が通行止めになってしまったり、道が脆く崩れそうになっていると考えれば、なんだか危険な感じがしてきませんか?

血管とは、簡単に言えばそのような感じの機能を持っているものと、捉えてもらうと、とても分かりやすいのではないかと思います。

大きな血管も大切ですが、小さな血管(毛細血管)も大切

2feb18fff993999c7c286f3531408607_s
動脈や静脈なども、上り線下り線といった感じで考えることもできます。
大きな血管は高速道路であったり、国道であったりという感じです。

しかし、様々な場所に栄養素や酸素などを届けようと思うと、大きく主要な道だけではなく、家と家の間を通っている細い道等もすり抜けていかなければいけません。
また、実際には大きな道路よりも、全身の細かな所を通っている細い血管、つまり毛細血管の方がより沢山通っているのです。

毛細血管は全身の血管の99%を占めているため、体を健康な状態に保つためには、毛細血管の状態をよりよい状態に整えることはマストと言えるでしょう。

よく、病院では動脈瘤、静脈瘤など、大きな血管の病気が取り上げられることは多いものですが、毛細血管の異常についてはあまり触れられません。
細かいので状態が掴みにくいということもありますが、それほど重要視されていないという現状もあるのではないでしょうか。

しかし、様々なメディアが報じるように、毛細血管が重要である事は確かなのです。

血管細胞が劣化する現象。ゴースト血管の原因について。

hands-984032_640
「血管が幽霊化する」と言われ出してから、血管の大切さについて考える人が増えてきたように思いますが、
メディア等では血管が悪化する具体的な理由についてはあまり触れられることがありません。


主に老化といった理由にまとめられることが多いようですが、実は血管の状態が悪くなる理由は既に判明しています。
その中から、幾つかの原因についてご紹介したいと思います。

腸内細菌が血流に乗って全身を巡るという事実

virus-1812092_640
昨今、常識となりつつある腸漏れ症候群(リーキーガット症候群)については既に皆さんもご存知だと思います。
腸内で慢性的な炎症が起きていると、腸の持つ保護機能が衰えてしまうのですが、結果として異物の流入をブロックする機能も同時に衰えてしまいます。

そうなってしまうと、腸壁の隙間から様々な物質が流入し、血流に乗ってしまうことは想像ができますが、
実は腸内にいるはずの腸内細菌や、歯周病菌等も全身に回ってしまうのです。

全身に回った腸内細菌や歯周病菌などは免疫系によって異物と判断されてしまうため、様々な場所で炎症が起こります。
食生活にあまり気を遣っていないご年配の方等が、慢性的な関節炎(リウマチ等)などに悩まされることがありますが、このような「自己免疫疾患」と呼ばれる現象にも、菌類やその他有害物質の流入が絡んでいることは間違いないでしょう。

腸に多く存在するシネディ菌という細菌が腸から血管内部に入り込み、動脈硬化を引き起こしてしまうことも既に明らかとなっており、
腸の異常と各疾患との因果関係は否定できないものと言えます。

摂取する油脂によって血管細胞が劣化する

oil-in-water-1438382_640
以前の記事でもご紹介させて頂きましたが、摂取する油脂を選ぶことはとても大切です。

オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸の摂取バランスが重要という説が一般的ですが、
より重要視して頂きたいのは「鮮度が保持されており、有害物質の混入が少ない油を摂る」ことです。

亜麻仁油ならコールドプロセス且つ遮光瓶で保存されている事等、油脂の種類によって保存条件が違いますが、
基本的には幾つかの大切なポイントさえ押さえておけば、質の良い油を摂ることができるでしょう。

また、油脂には化学物質が溶け込みやすいことから、原料がオーガニックのものを選ぶことが大切です。

余談ですが、油脂を利用した製品の中には「酸化した油脂を還元するオイル」などの、面白いものも開発されており、今後「どのような油脂を摂るべきか」という選択肢が、より良い方へと広がっていく事を個人的に期待しています。

食品添加物やその他の化学物質等、数々の有害物質がゴースト化を促す

pill-1884775_640
様々な食品添加物や、残留農薬・化学合成肥料、有害重金属など、体にとって有害な影響を及ぼす物質の多くは、
口腔粘膜などから体内に流入していくものもありますが、もっとも致命的な影響を与える器官としては「腸と脳」が挙げられます。

腸では腸内細菌群の減少、炎症などの作用を引き起こすために免疫系のバランスが乱れ、異物が体内に入りやすい体質に変化させていきます。
つまり、全身の血流に乗って、血管に悪影響を及ぼしていきます。

一方、脳では神経伝達の状態に悪影響が及ぶ、毛細血管の萎縮、死滅、詰まりなどが誘発される等、様々な病気を呼び込みやすくなっていきます。
アルツハイマー病、パーキンソン病、判断力や集中力、知能指数の低下なども、様々な有害物質との因果関係が方々で示唆されています。

”病気との因果関係が認められていない”と言われる有害物質も多いのでしょうが、
逆に言えば「安全と言い切れるほどの実証データが存在していないものも多い」という事実は、改めて意識しておいた方がいいでしょう。

特定の腸内細菌群を補強すると血管の状態が改善する事が分かっている

person-2806280_640
ある特許を取得している細菌株があるのですが、その菌株を摂取することによって「血管の状態が綺麗な状態に改善していく」という結果が実証されています。
これに関しては、実際に改善した結果の血管写真なども提示されているのですが、白く濁っている血管が透き通った透明感のある血管に戻ることが分かっています。

余談ですが、その菌株の持つ大きな作用の一つは「腸内細菌を飛躍的に増加させる」というもの。
これによって、日本人の減少した腸内最近群を増加させ、全身の調子を整えていく作用が期待できるのだとか。

血管が修復されていくのは、その効果の一旦とのことです。

血管の修復には、醗酵食品の効果も侮れない!

ec56c328374d0600d9b227e4cc15e76a_s
もちろん、これ以外の方法でも、弱ってしまった血管を修復する方法は数多くあります。
例えば、伝統的な醗酵食品、ぬか漬けなどもかなり有効と言えるでしょうし、麹菌を使用した食品の多くには「血栓を溶解させる機能」が期待できます。

その他にも、血流を改善させる効果があると言われる「セイロンシナモン」や「ショウガ」なども、血管や血流に不安がある方にはお勧めです。

病、不調と縁遠くなるためには、柔軟性のある健康的な血管を保つことが大切

silhouette-3230374_640
様々な経路で体内に取り入れてしまうトランス脂肪酸が、私たちの細胞を硬くする性質を持っていることはご存知でしょうが。
トランス脂肪酸を避けるためには、何もマーガリンやコーヒーフレッシュなどを避ければいいというわけではありません。
できるだけ、劣化していない油を摂ることが必要となってきます。

また、水道水の殺菌に使われている塩素が動脈硬化を引き起こすと主張しているアメリカのJ.M.プライスという博士がいます。

博士は「塩素はアテローム性動脈硬化に起因する心臓発作や、脳血管障害の決定的な原因となっている。
全ての人は、直ちに塩素入り水道水を飲む事を止めるよう、人間的立場から主張するべきである」
と言われておられます。

また、過去には「塩素入りの水道水を飲まざるをえなかった兵士の75%がアテローム性動脈硬化症に罹っていた」という事実もあり、塩素と血管障害とには密接な因果関係のある疑いがもたれています。


色々な情報を見ていると、気をつけるべきことが多すぎて、何をどうしたら良いか分からないという方も多いでしょう。

確かに、私自身も健康に気を付け始めたときにはそのように感じていた時期がありました。
しかし、人間の脳とは不思議な物で、しばらく同じ様な生活を続けていると「それが当たり前になってくる」のです。

最初から全てを実践しようと思わなくてもいいと思います。
出来そうな事から、一つ一つ取り入れてみてはいかがでしょうか。

体の不調が減ってくるにつれ「私は間違っていなかった」という気持ちが芽生えてきます。
そして、その気持ちがあなた自身をより健康的で明るい日々へと導いてくれるのではないでしょうか。

無理のないよう、出来る事から一つずつ。


あなたが健康を取り戻すことは、きっと周りの人が健康を取り戻すための勇気になるはずです。



本物の発酵食品で日々の食生活をワンランクアップさせませんか?

電視みそ 炭とイオン化した水(電子水)が自然栽培米と出会って起きた「奇跡」。これ以上はない、こだわりの味噌と甘酒。今すぐここをクリック!

お味噌と甘酒を作っている麹屋さんは岡山県で60年以上続く老舗。
自然に逆らわず、自然の力を最大限に生かした味噌作りをモットーにしています。
蔵のすぐそばには清流が流れており、もともと自然に恵まれた味噌作りに適した場所でしたが、
時代の流れが様々な環境変化をもたらし、目に見えないところで品質に影響を与えるようになっていったそうです。

味噌作りの工程で使う水は全て電子水を使用しています。
また、味噌蔵は、床・壁・天井の全てを備長炭で覆った炭蔵。
味噌蔵特有の発酵臭を感じないほどに空気が清浄に保たれているのだそうです。

このお味噌は、原材料にも究極のこだわりがあるのです。
それは、「奇跡のりんご」の木村秋則さんの指導を忠実に守って作った
自然栽培米(岡山県産)と自然栽培大豆(北海道産)を使っていること。
自然栽培は、化学肥料や農薬を使わないのはもとより、有機肥料や堆肥すら使わず、太陽・水・土の力だけで栽培します。


オススメの記事

【衝撃的な実験結果、初公開!】一般的なスーパーで売られている慣行栽培野菜の安全性って結局どうなの?危険な硝酸塩量をチェックしてみました!

健康被害も懸念される様々な市販食品に紛れ込む恐ろしいパーム油に隠された問題と、知られざる裏の事情とは。

原材料表示に隠された衝撃の事実。あなたの使っている醤油は大丈夫?調味料から毎日微量に毒を蓄積しないための調味料の選び方。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ZuYu
2011年の震災をきっかけに、食の大切さ、 健康の大切さを知り、独自に勉強を始める。医療現場にて末期癌が快方に向かう、 化学療法の強い副作用が数日で消えるなど、 奇跡のような出来事を次々と目の当たりにし、 自然治癒力を高める為の適切な指導が素晴らしい結果をもたらすこ とを体感。現在は、より実践的な食養生の探求、 現代人の悩みに合致した健康食品の開発研究にも携わる傍ら、世の中に埋もれている本当に素晴らしい技術や製品を世の中に広めるべく、活動を行っています。 オーガニック料理ソムリエ/代替医療/健康食品の開発研究 BLOG:Zuyu Lab
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ